腹上死

ヘッダー

実は腹上死とは?男性なら誰もが起きえる?

変死した遺体が見つかり、事件性も考慮した上で解剖した結果、これは性ホルモンの過剰分泌したことが原因の腹上死であることが判明した、という嘘ネタのニュースはネット上にて話題になったことがありますね。

このニュースが話題になってしまった結果、「テクノブレイク」という造語まで知られることになりました。

意味としては、腹上死はオナニーのし過ぎで死亡してしまうことを指します。

嘘ネタだからと言って笑っていられますが、もしこのような死に方をしてしまえば恥ずかしくてたまりませんよね。

しかしながら、テクノブレイクのような死に方は実際に起こり得ないのかと問われれば、実はその可能性は皆無とは言い切れません。

テクノブレイクと同じような死に方として「腹上死」が挙げられますが、この原因を考えると、オナニーのし過ぎで死亡してしまうことも十分に考えられます。

事実、腹上死の内のおよそ8%はオナニーが原因となっていますので、嘘ネタのニュースもあながちバカにできません。

男性ならばほとんど誰もが行っている自慰行為ですが、これが実は、もしかしたら行為の最中に死亡してしまう可能性もあるのです。

腹上死とは性交中に突然死してしまうことを総称した言葉です。

女性の上で死んでしまうことから腹上死という名称で呼ばれることになりました。

狭心症や心筋梗塞、脳卒中などが直接的な死因となるケースが多くありますので、これは性的興奮によって血圧が一時的に上昇してしまうことに起因します。

興奮してしまうことによって血圧が上昇、血管が切れてしまい取り返しのつかないことに、そして最後には死亡してしまう腹上死という流れになります。

自慰行為でも腹上死になる可能性はある?

腹上死に至るまでの一連の流れを考えれば、性交中以外にも同様のことが起こるケースがあるのが分かります。

嘘ネタニュースとして話題になったテクノブレイクは、腹上死に至るまでの流れまでを考えれば、確かに100%起こらないとも言い切れません。

すなわち血圧が上昇したせいで生命に直結する重要な血管が切れてしまうことも考えられるわけです。

自慰行為をし過ぎたせいで、死亡してしまうのはいささか間の抜けたような死に方と言わざるを得ませんので、ここでは適度な回数に我慢しとどめておかなければなりません。

それでは性交は腹上死の可能性があるのならばするべきではないのか、という話になりますが、これは間違っています。

脳溢血になってしまうケースは極めて稀で、健康な人ならばまず死に至ることはありません。

問題なのは心臓に疾患を持っているか、もしくは心臓が弱い方については、心筋梗塞や狭心症などが引き起こされる可能性もありますので注意しなければなりません。

これは自慰行為についても同様のことが言えます。

腹上死というリスクを避けるためにはどういった点に注意すべきなのでしょうか。

性交中に興奮するな、などと言われても無理な話ですよね。

データによれば、このタイプに多いのが、お酒を飲んだ後や疲れている状態で性交した時だと分かっています。

もともと心臓が弱い方は特にこういった状態で行為に及ばないように注意することで、腹上死を避けられる可能性も高くなります。

恥ずかしくない?腹上死は幸せな意味もある?

ところで、腹上死は自慰行為はいったいどれほどの負担を心臓にかけることになるのでしょうか。

とある情報によれば、1度のオナニーはだいたい100メートルを全力疾走したのと同じくらいの負担を心臓にかけることになることが分かっています。

いくら健常者であったとしても、それほどの負担をかけるのであれば、1日に何十回も行為に及べば俗に言うテクノブレイクや腹上死が引き起こされる可能性があります。

2回、3回程度ならばほとんど問題が起こることはありませんが、10回単位で自慰行為をするのはやめた方が良さそうです。

性交中に死ぬ腹上死は、快楽の中で死ぬことになるため、これを聞くとそれはそれで理想的な死に方なのかもしれないと考える人もいるかもしれません。

生きていても良いことは無いから、せめて幸福感で満たされている最中に死にたい。

そう考えるのも分かります。

もしも死後の世界が無かったとしたら、腹上死は自分が死んだ後のことなどは自分に一切関係の無いことだと切り捨てて考えるのも当然です。

裸のまま愛する女性の上で死ねるのならば恥だとは思わない、これも1つの立派な腹上死の考え方かもしれません。

ですが、腹上死が本当に幸福な死に方、理想的な死に方なのかと問われれば、それはいささか間違っている可能性が高いのではないでしょうか。

幸福の定義は人それぞれですので、一概に間違っていると言いきれないのが悔しいです。 それでも性交中に死亡することは、相手の女性や愛する家族に何を伝えるでもなく忽然と姿を消してしまうのと同じようなものですし、これが真なる幸福とは考えにくいです。

腹上死も考え方によって尊敬されることもある?

ラッセルの幸福論では、退屈の反対は快楽ではなく興奮だと述べられています。

日常生活が退屈で仕方ないと感じているからこそ、スリルや興奮を求める、そう考えれば性行為は退屈凌ぎのために行っているに過ぎないとも言えますので、これは幸福とは程遠くも感じます。

真に幸福を手に入れたいのであれば、腹上死のような死に方になるのを避け、他に退屈を凌げるような楽しいことを探すべきではないでしょうか。

>

腹上死に至るまでの一連の流れを考えれば、性交中以外にも同様のことが起こるケースがあるのが分かります。

嘘ネタニュースとして話題になったテクノブレイクは、腹上死に至るまでの流れまでを考えれば、確かに100%起こらないとも言い切れません。

すなわち血圧が上昇したせいで生命に直結する重要な血管が切れてしまうことも考えられるわけです。

自慰行為をし過ぎたせいで、死亡してしまうのはいささか間の抜けたような死に方と言わざるを得ませんので、適度な回数にとどめておかなければなりません。

それでは性交は腹上死の可能性があるのならばするべきではないのか、という話になりますが、これは間違っています。

腹上死になってしまうケースは極めて稀で、健康な人ならばまず死に至ることはありません。

問題なのは心臓に疾患を持っているか、もしくは心臓が弱い方については、心筋梗塞や狭心症などが引き起こされる可能性もありますので注意しなければなりません。

これは自慰行為についても同様のことが言えます。

腹上死というリスクを避けるためにはどういった点に注意すべきなのでしょうか。

性交中に興奮するな、などと言われても無理な話ですよね。

データによれば、腹上死に多いのが、お酒を飲んだ後や疲れている状態で性交した時だと分かっています。

もともと心臓が弱い方は特にこういった状態で行為に及ばないように注意することで、腹上死を避けられる可能性も高くなります。

どれくらいの確率で腹上死になる?年齢は若くてもなる?

ところで、自慰行為はいったいどれほどの負担を心臓にかけることになるのでしょうか。

とある腹上死の情報によれば、1度のオナニーはだいたい100メートルを全力疾走したのと同じくらいの負担を心臓にかけることになることが分かっています。

いくら健常者であったとしても、それほどの負担をかけるのであれば、1日に何十回も行為に及べば俗に言うテクノブレイクが引き起こされる可能性があります。

2回、3回程度ならばほとんど問題が起こることはありませんが、10回単位で自慰行為をするのは腹上死を考慮するとやめた方が良さそうです。

性交中に死ぬ腹上死は、快楽の中で死ぬことになるため、これを聞くとそれはそれで理想的な死に方なのかもしれないと考える人もいるかもしれません。

生きていても良いことは無いから、せめて幸福感で満たされている最中に死にたい。

そう考えるのも分かります。

もしも死後の世界が無かったとしたら、自分が死んだ後のことなどは自分に一切関係の無いことだと切り捨てて考えるのも当然です。

裸のまま愛する女性の上で死ねるのならば恥だとは思わない、これも1つの立派な考え方かもしれません。

ですが、腹上死が本当に幸福な死に方、理想的な死に方なのかと問われれば、それはいささか間違っている可能性が高いのではないでしょうか。

幸福の定義は人それぞれですので、一概に間違っていると言いきれないのが悔しいですが、それでも性交中に死亡することは、相手の女性や愛する家族に何を伝えるでもなく忽然と姿を消してしまうのと同じようなものですし、これが真なる幸福とは考えにくいです。

腹上死と共にラッセルの幸福論では、退屈の反対は快楽ではなく興奮だと述べられています。

日常生活が退屈で仕方ないと感じているからこそ、スリルや興奮を求める、そう考えれば性行為は退屈凌ぎのために行っているに過ぎないとも言え、これは幸福とは程遠くも感じます。

真に幸福を手に入れたいのであれば、腹上死のような死に方になるのを避け、他に退屈を凌げるような楽しいことを探すべきではないでしょうか。